記事一覧

【甲冑をつくる5号】眉庇、祓立と草摺をつくってみた。

2010.10.24

ディゴスティーニの「戦国甲冑をつくる」第5号

山本勘助さんのご指摘で草摺を作り直しております(汗)ありがとうございました。

 さて、今回は眉庇とまた草摺の作成です。

 まずは、パッケージ。 うーん兜も形になってきました。

ファイル 8-1.jpg

なんだか簡素化された感じがします。

ファイル 8-2.jpg

眉庇と草摺のパーツ郡です。やっぱり金属製はイイ!!

今回は2つ目の草摺になりますが、作業効率を上げるために威糸の先を短めにしてみました。

ファイル 8-3.jpg


 さて本題の眉庇の取付けです。 第3号で兜と腰巻の隙間が気に入らなかったので仮止してあったので、分離して作業を進めました。
ファイル 8-4.jpg

 リベットのような感じで取付けます。 マニュアルでは簡単にリベット留めができそうなのですが、うまく入りませんでした。

ファイル 8-6.jpg

ってことで少量の接着剤を付けた後、傷が着かない様にタオルを咬ませてプライヤーで仕上げました。 これでキッチリと入りました。

ファイル 8-5.jpg

最後に祓立を付けて完成。

ファイル 8-7.jpg

次回はシコロは【革】へんに【毎】と草摺(くさずり)です。

また草摺・・・

にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ にほんブログ村 歴史ブログへ

【甲冑をつくる4号】前胴と草摺の飾り紐をつくってみた。

2010.10.20

ディゴスティーニの「戦国甲冑をつくる」第4号

まずはパッケージ。 

ファイル 7-1.jpg

今回は甲冑の前胴のパーツが入っていると言うことでかなりの重量感です。

ファイル 7-2.jpg

 今回の戦国甲冑作成は作業が簡単です。 
マスキングテープで瞬間接着剤特有の白色化を抑える意味があるようです。 特に難しい部分はありません。

 前胴にビニール保護材が貼ってありますが、必要な部分だけ剥がして作業を行い元に戻しておきました。 大事な部分なので完成までに傷がついては大変です。

 続いて草摺に飾りの紐を通していきます。

 前回の草摺づくりで先端のとがった部分は用が無いようなので、マニュアルより短く細く作成。

ファイル 7-3.jpg

今回はあっという間に作業終了。

ファイル 7-4.jpg

 草摺も完成です。 写真を見るとあと9本作る羽目になりそうです(汗) 初めての作業だったので目立たない程度ですが少し傷が入ってしまいました。

雰囲気が出てきましたね。

ファイル 7-7.jpg

次回は眉庇(まびさし)と草摺(くさずり)です。

また草摺か~ 

にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ にほんブログ村 歴史ブログへ

ページ移動