記事一覧

【戦国甲冑をつくる18号】錣(しろこ)と草摺(くさずり)をつくってみた。

2011.05.23

今回は錣(しろこ)と草摺(くさずり)です。

パッケージ
ファイル 28-1.jpg

パーツ群
ファイル 28-2.jpg

今回も単調な作業です。
ファイル 28-3.jpg

あー草摺飽きた(笑)
ファイル 28-4.jpg

今回は栓もあります。
ファイル 28-6.jpg

玉結(たまむすび)びは瞬間接着剤を少量垂らすと、うまく浸透して完全に固まります。
ファイル 28-7.jpg


今回は「鎧立て覆い」の読者プレゼントがついてきました。
なかなか良いセンスですね。
ファイル 28-5.jpg

次回もお楽しみに。

にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ にほんブログ村 歴史ブログへ

【重要】脇胴(わきどう)と草摺(くさずり)の位置が判明

2011.05.22

こちらの記事は間違いでした。
お詫びして訂正いたします。 一応製作記録として残して起きます。

 山吹色の威糸は左右の草摺とも重なります。


=======================
脇胴には草摺が3つ付くことになっているのですが、左から1枚目と2枚目、2枚目と3枚目で違う取り付け方になっています。

【戦国甲冑をつくる14号】忍緒の鐶(しのびおのかん)と草摺(くさずり)をつくってみた。その3

 マニュアルでは山吹色の威糸(おどしいと)が重なるように配置されているように見えますが、左側の草摺は重なりません。 写真で正解です。

ファイル 29-1.jpg

 デアゴスティーニのお客様センターに問い合わせたので確定です。

 1枚目と2枚目は重なるのに、2枚目と3枚目は重ならない・・・

 どういう意味があるんだろう?

にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ にほんブログ村 歴史ブログへ

ページ移動